口から健康をプロデュースする歯科衛生士・歯科コンサルタント 壱原裕子のブログ

壱原裕子のプロフィール

はじめまして

口から健康をプロデュースする歯科衛生士・歯科コンサルタント  壱原裕子(いちはら ゆうこ)です。

歯科医療関係者でお悩みの方、歯科治療でお悩みの方をサポートしています。

1981年生まれ(39歳)
関東在住 

日本の歯科医療レベルを上げて、良い歯科医院を増やし、日本の健康を守りたい

そんな思いで活動しています。

壱原裕子の仕事内容

歯科医療関係者様向け、歯科治療でお悩みの方向けのサービスを提供しています。

  • 歯科医院の訪問・WEBコンサル
  • 歯科医院での患者さんへの出張コンサル
  • セミナーアシスタント
  • 歯科衛生士業務(現役)
  • 治療相談(WEBでの相談も可)

歯科医療関係者様向け

  • スタッフが定着しない
  • 患者さん・スタッフとコミュニケーションが上手くとれない
  • 自費率が上がらない
  • 患者さんとトラブルになりがち 

などでお悩みの方に、独自の診療システム改善テクニックで、

  • 3カ月で自費率30%アップ
  • スタッフとのコミュニケーション改善
  • 医院ごとのマニュアル作成

などを行っています。

歯科医院に通院中の方・歯科治療でお悩みの方向け

  • 自分の歯の状態が分からない
  • どの治療法が良いのか迷っている
  • 良い歯科医院がなくて困っている

などでお悩みの方に、専門的な歯の情報をわかりやすくお伝えすることで、

  • 理想の歯科治療の発見
  • 信頼できる歯科医院の見つけ方

など、お悩みの焦点を絞ってご相談に乗っています。

好きなもの・こと

読書

年間100冊以上 ジャンルは問わず何でも読みます。漫画を含めると年間200冊以上は読んでます。

ヨガ

21歳頃から18年以上続けています。
現在もインストラクターとして、ワークショップなどを不定期に開催しています。
ヨガだけでなく、子供やお年寄り、誰でもできるストレッチ体操を考案中。

食べ物

えび、カニ、たこ、いか、ほたてが大好きです。

経歴と実績

19年間臨床で歯科衛生士業務に従事

12年目からはマネージメント業務も兼任

今まで勤務してきた歯科医院は10件以上(大規模~歯科医師と二人の医院も経験)

1,000人以上の歯科相談に携わってきました。

主な実績

  • 臨床では3,000万円以上/年の売上に貢献(個人)
  • 自費率20〜35%上昇
  • スタッフとのコミュニケーション改善
  • スタッフの定着化成功
  • 患者とのトラブル激減

certificate(一部)

2004年 AFD Scaling and root planinng course

2005年 Postgraduate course for Periodontics (スウェーデンイエテボリ大学)
2005年 The role of the dental hygienist & computerized data management of periodontal patients (イタリア ARDEC社)

2014年 トリートメントコーディネーター ベーシックインストラクター

2015年 チームセレックカウンセリングコース

2016年 EPSDC DHアドバンスコース Analytical approach for enchancing the patient supporting dental care 歯科衛生士臨床のための精神分析アプローチ

2016年 iTop Adavanced (CURAPROX社のブラッシングコース)

2017年 念願だったメディカルダイアローグの著書のセミナー メディカルダイアローグ一日コースに参加

2019年~メディカルダイアローグコースのアシスタントとして参加中

現在は数か所のコンサルタント業務を兼任しながら、都内の自費特化クリニックにて臨床も行っています。

壱原裕子のこれまでの歩みと想い

日本の歯科医療レベルを上げて、良い歯科医院を増やし、日本の健康を守りたい

このように思うようになったのは、歯科衛生士を19年間続けてきたからです。

お世辞にも順風満帆な歯科衛生士人生とは言えません。

国家試験前の最終模試も不合格、やる気のない不真面目な学生でした。

臨床に出て、ある歯科衛生士のおかげで歯周治療の面白さに目覚めることができ、スウェーデンに勉強に行く夢を抱きます。

そして、落ちこぼれだった学生は夢を叶えに、スウェーデンに行くのです!!

ここまでだととても良い話ですよね?(笑)

しかし、スウェーデンで学んだ結果、日本の歯科業界に絶望しました。

スウェーデンと日本の違いに驚愕し、歯科衛生士のマウンティングのし合いにうんざり。

この時の私の落ち込みようと言ったら、歯科衛生士を辞めそうでした。

そして、臨床を長くやっている方なら分かると思うのですが、どこの病院に行っても

「再発」の繰り返し

誰かの治療のやり直し

数年前まで、私は日本の歯科業界をあきらめていました。

ある本と新しい出会いで考え方が変わった!

患者はなぜあなたの話を聞かないのか?メディカル・ダイアローグ入門

では,予防歯科の話をしようかマーロウ先生の北欧流レッスン

この本に出会い、

「予防」という考え方と「自費診療」という二つのコンセプトが合わさることにより、日本の歯科医療は絶対に変わる

と考えるようになりました。

それ以降、5年間この考え方を実践し、変化を実感しています。

患者さんは正しい知識をもとに、自分の健康について考える

歯科業界を改革するためには、患者さんに正しい知識を身につけてもらい、自分の健康について考え、実践してもらうことが大切です。

それを楽しくサポートするのが、歯科医院の役割です。

患者さんも歯科医療者も双方がハッピーになれます。

共感してくださる、歯科医師、歯科衛生士、歯科業界の皆様、そして、歯科治療を受ける側の患者さん。

変化をもたらすには、歯科業界人だけではダメなのです。

患者さんも一緒になることで日本の歯科医療のレベルは絶対に上がります!

そのことで、歯科医院は今よりももっと有意義な仕事を楽しんでできるようになります。

歯科医院も患者さんも、そして医療費が下がって国も日本中が、みんなが幸せになる。

私はそれを目指して歯科相談、コンサルタントを行っています。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

私の活動を通じて、日本の歯科医療がどんどん良くなることを願っています。

歯科医院の改善・歯科治療でお悩みの方はこちらからお問い合わせください。

Copyright© 歯と歯科医院の相談室 , 2019 All Rights Reserved.