口から健康をプロデュースする歯科衛生士・歯科コンサルタント 壱原裕子のブログ

歯が痛い!!予約なしでもスムーズに歯科医院に行く為の4つのポイント

壱原 裕子
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
壱原 裕子
壱原裕子 歯科衛生士歴18年、歯科コンサルタント、歯科カウンセラー、ライフスタイルコーディネーター。 一生、笑って、美味しく食べられる、健康寿命を延ばす!!をモットーに患者さんと歯科医院のお手伝いをしています。
詳しいプロフィールはこちら

歯科衛生士歴18年の経験を活かし、歯医者さんと上手な付き合い方をお伝えしています。

良い歯科医院の選び方のその他の記事はこちらからご覧ください。

今回は「どうしても歯が痛い時に、どうやって行けばいいのか?」をお伝えします。

最近の歯科医院は予約制の歯科医院が多いので、急に行ってもなかなかすぐには対応してくれません。

そこで、今日はどうすれば、痛い時に歯科医院で早く対応してくれるのかをお伝えします。

ポイント1 まずは自分の症状を確認する
ポイント2 電話をしてなるべく詳しく症状を伝える
ポイント3 他の歯科医院にも電話する 
ポイント4 どうしても今日診てほしい時に伝える事

になります。

痛い時は我慢せずに、痛み止めを服用してからお読みください。

ポイント1 自分の症状を確認する

歯が痛い時にまず 考えてほしいこと してほしいこと

最近は予約制の歯科医院が多いです。

これがなぜかというと、患者さんのことを思っているからなのですが、

「じゃぁ、歯が痛い時はどうしたらいいの??」

って思いますよね。

歯の痛みは放っておくほど増したり、大病の原因になったりするリスクがあります。あくまで緊急の対応としておいて、できるだけ早めに受診したほうがよいでしょう。

アキバ歯科  眠れないほど歯が痛いときの応急処置!痛みの原因とは

大抵の歯科医院では急患対応をしてくれます。

ただ、本当に急患なのかどうかはまず、自分で確認してみましょう。

1.急患というかかり方について

前提として、急患という扱いになると、予約と予約の間に強引に時間を割いて入れることになるので、応急処置しかできません。

しっかりと説明を受けて、納得した治療を受けたい場合はあまりオススメできる受診の方法ではないことを覚えておいてください。

本当にものすごく痛い、腫れているという場合に限っての受診方法です。

2.ものすごく痛いのか?目に見えるくらい腫れているのか

その痛みは眠れないくらいの痛みでしょうか?

痛くてごはんも食べられませんか?

痛み止めを服用するくらいの痛みでしょうか?

痛いのですと予約を強引に入れてきた患者さんが、実はよくよく聞くとそうでもない場合が多いです。

確かに、歯の神経が死んでしまう場合や親知らずが腫れたり、歯の根が腐ったりの時が相当な痛みがあります。

私はどちらも経験しているので、本当に寝れないくらい痛いし、ごはんも食べれませんでした。

そうでない場合はできれば、ちゃんと時間を取っての受診をオススメします。

3.ものすごく痛いのであれば、痛み止めを服用してください

第一三共ヘルスケア ロキソニンS

■市販の鎮痛剤を使う

飲むタイプの鎮痛剤は、効果が出るまでに時間がかかることがあります。
痛みを感じたら、早い段階で飲んでおきましょう。

※市販薬を使用する際には薬剤師の指示に従い、用法用量を守って使用してください。

歯のアンテナ  奥歯を噛むと痛いときの応急処置と控えた方がいいこと!痛む原因や治療法も

市販のロキソニンなどは歯科でも一般的に出されているものと同じになります。
大体はこれで一時しのぎはできます。

が、根本は治ってないので、必ず受診してください。

お薬を服用した場合は必ず、何をいつ飲んだのかを受診した際に伝えましょう。

また、お薬や食べ物でアレルギーなどがある方は、いつも自分が服用している痛み止めを飲んでください。

ロキソニンでアレルギーが出る方もいっらしゃいますので、普段から鎮痛薬はどれが自分に合っているかを知っておくことをオススメします。

ポイント2 電話をしてなるべく症状を詳しく伝える

まずは、行こうと思っている歯科医院に電話をしましょう。

直接、窓口に行っても、予約の患者さんがいるので、待つ可能性が高く、もしかしたら、診察できない事もあります。

運が良ければ、たまたまキャンセルが出たので、この時間なら大丈夫という時間を教えてくれるかもしれません。

予約制でない歯科医院はそのまま行っても構わないかもしれませんが、事前に電話で確認したほうが良いでしょう。

1 その歯科医院には初めて行くのか、行ったことがあるのか

初めて行く場合

「初めてなのですが。」

と伝えてください。

初めての患者さんはお口の中の情報が何もない為、検査などに時間がかかる場合が多いです。

良い歯科医院では、まずはお口の中全体の検査を行う場合がほとんどです。

が、痛みがある場合は別です。

その日は痛みのある部分の処置をして、次回から検査となる可能性が高いです。

何も情報がないままに、痛みのある箇所だけ処置するのはリスクが高い事を知っておいてください。

今までの経緯の中での発症であれば、対処の方法も検討がつきますが、情報が何もなければ、対応も限られます。

なるべく、早くかかりつけの歯科医院をみつけ、お口の中全体の管理をしてもらってください。

2.かかりつけの歯科医院の場合

カルテもありますし、大体のことは把握してくれているので、通院している事を伝えてください。

しっかり管理してくれている歯科医院であれば、過去のカルテやレントゲンを見て、対応を検討してくれます。

手元に診察券があるのなら、診察券に番号が記載してあるのでそれを伝えると、電話で応対しているスタッフも対応しやすいです。

数年行ってない場合でも、カルテは5年間保存義務がありますので、残っているハズです。

「もう何年行ってないのですが、以前かかっていました」

と伝えるとスムーズです。

3.どうして今日電話をしたのか伝える

今日は痛みがものすごくあることをまず伝えましょう。

「昨日の夜から 右下の歯が 何も何もしなくてもズキズキと痛みます。」

いつから
どこの歯、歯茎が
どのように痛いのか、痛かったのか

を伝えてください。

この伝え方により、急患対応するかどうかが決まります。

なるべく詳しく症状を伝える

どのように痛いのかが重要なポイントになります。

朝から腫れて口も開けられない
痛くて夜も眠れなかった
今も痛いのか
冷たいもの、温かいもので痛い
噛めない

などになります。

症状を相手に伝えるのはとても難しいですが、なるべく多くの情報を簡潔に言うようにしてみてください。

ポイント3 他の病院に電話してみましょう

今日は予約でいっぱいですと言われてしまった・・・。

こんなに痛くても、歯科医院のキャパが無限にある訳ではありません。

仕方がありません。

無理やり予約を入れてもらっても、時間がなくて雑に扱われてしまうほうが怖いです。

他の病院に電話してみましょう。

我慢できない痛みのハズですから、早く行ったほうが良いです。

とりあえず、行けそうな歯科医院に電話をしてみましょう。

そして、同じように伝えてください。

かかりつけの病院があると、痛みの急患であれば無理にでも診察してくれそうなのですが、どうしても難しい時もあります。

その場合は他の病院に「かかりつけの歯科医院があります。」と伝えて受診してください。

かかりつけの歯科医院に、どうしても今日は予約がいっぱいで診察できないと言われた事を伝えてください。

応急処置ならできますよ、と言ってくれるかもしれません。

大前提として、急にアポなしで行くのですから、待ってもしょうがないと思っていきましょう。

夜間や休日などは、地域の歯科医師会が休日診療を行っています。

調べてみましょう。

ポイント4 どうしても今日診てほしい!!

どうしても今日、ここの病院で診察してほしいと思ったら、
何時間でも待つので、どうしても今日診てほしいと伝えてみてください。

痛みもものすごくひどいと訴えてください。

きっと、スタッフは先生や先輩に確認してくれます。

が、どうしても対応できない時もあるので、その時は別の医院に行きましょう。

申し訳なく思って、近くの他の歯科医院を紹介してくれる場合もあります。

大前提として、急に行ってみてもらうのですから、予約の患者さんが優先されるのは覚えておいてください。

まとめ

歯が痛い!!予約なしで歯科医院に行くコツ 4つをお伝えしました。

ポイント1 まずは自分の症状を確認する
ポイント2 電話をしてなるべく詳しく症状を伝える
ポイント3 他の歯科医院にも電話する
ポイント4 どうしても今日診てほしい時に伝える事

この4つになります。

痛い時にスムーズに対応してもらう為に、参考にしてください。

これからの時代を生き残るために…

先生の望む歯科医院を実現するために…

結果に繋がる!

ストレスフリーな医院にするテクニック満載
『院内システム改善
テクニックマニュアル』

この記事を書いている人 - WRITER -
壱原 裕子
壱原裕子 歯科衛生士歴18年、歯科コンサルタント、歯科カウンセラー、ライフスタイルコーディネーター。 一生、笑って、美味しく食べられる、健康寿命を延ばす!!をモットーに患者さんと歯科医院のお手伝いをしています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 歯と歯科医院の相談室 , 2019 All Rights Reserved.