口から健康をプロデュースする歯科衛生士・歯科コンサルタント 壱原裕子のブログ

今後も生き残れる歯科医院になるために「安定したオリジナルのシステム」を構築する為の要点3つ

壱原 裕子
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
壱原 裕子
壱原裕子 歯科衛生士歴18年、歯科コンサルタント、歯科カウンセラー、ライフスタイルコーディネーター。 一生、笑って、美味しく食べられる、健康寿命を延ばす!!をモットーに患者さんと歯科医院のお手伝いをしています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちわ。

歯科衛生士歴18年、色々な歯科医院で働いた経験を活かし、今後も生き残れる歯科医院を作る為のコンサルタントをしています。

今日は私がコンサルをする時に一番大事にしている「安定したオリジナルのシステム」の構築する為の要点3つをお伝えします。

既存のものには要注意!!

歯科の経営セミナーや、診療室改革セミナーで教えてもらう診療システムでは、
一定数あるパターンの病院のスタイルを分析して、システムを構築していると思われます。

ここで問題となってくるのが、ある一定数という部分です。

一定数なので、似ている部分はあるかもしれませんが、そのパターンに全てが当てはまる歯科医院はごく少数だということです。

歯科医院はそれぞれが、全く違う病院です。

どこもそんなに変わらないだろうと思っているのは、他の歯科医院をみていないからです。

同じ大学の同じ科の先生でも、病院経営のスタイルは全く違います。

医院見学なんてものでは、その歯科医院の表面も見えていません。

色んなタイプの歯科医院で働いてみなければ、わからないのです。

これは歯科業界で歯科従事者として働いたことがない、コンサルタントも同じことが言えるでしょう。

1.バリュー・チェーン(Value Chain)

システムを構築する上で、バリューチェインという手法が効果的です。

まずは、自分の医院のバリューチェインを作り、分析します。

バリューチェーンとは、原材料を調達してから商品やサービスが顧客に届くまでに企業が行う活動の連鎖(チェーン)を、モノの連鎖(サプライチェーン)だけではなく、価値の連鎖(バリューチェーン)として捉えたものです。

ビジネス+IT  バリューチェーン分析とは何か? スターバックス「成功」の理由を解き明かす

この時に他の歯科医院の経営状態や、診療スタイル、競合相手となる歯科医院の調査などの分析も必要になってきます。

バリューチェイン分析には、とてもいろんな良い点があります。

バリューチェイン分析の良い所
1.強み、弱みの把握
2.競合相手の把握
3.コスト削減
4.利益の最大化

です。

本当に色々なものが見えてくる手法になるので、診療システムを構築する際には必ず行います。

2.安定

時代が変化しても、生き残っていけるシステムになります。

人口減少に伴い、経営は変化せざる得ません。

大半の歯科医院が今と同じスタイルでの歯科診療はできなくなると考えたほうが良いです。

経済成長を考える上で、もう一つ忘れてはならないのは、人は「生産者」であると同時に「消費者」であるという点である。「消費者」としての人に着目すると、人口減少は消費需要を中心とする国内市場の縮小要因となり、経済成長を阻害する懸念がある

中小企業庁  第2節 人口減少が経済に与えるインパクト

3.オリジナル

先生にはやりたい、なりたい歯科医院の形というものがあり、それはそれぞれ違うと思います。

成功している歯科医院の真似をしても、それは先生の望む形にはならないでしょう。

流行っている、儲かっている歯科医院の真似をして成功する時代は5年前くらいまででした。

うまくいっている事業のやり方を踏襲するのは一見合理的に思えますが、実はそうではありません。

既存の事業を立ち上げて、軌道に乗せるために、経営者は思考に思考を重ね、膨大な労力を費やしてきたはず。

それは前述の「オリジナリティ」を徹底的に求め続けた結果なのですから、簡単にコピーできるはずがないのです。

Business journal  安易に大企業経験者を混ぜる⁉中小企業をダメにする経営者、3つのタイプ

これからは独自性のものがないと、生き残ることはできません。

おまけ 付加価値をつけることの重要性

あなたの歯科医院のお客さんになってくれる患者さんは、何に魅力を感じて来院してくれるのでしょうか?

これはスタッフも同じです。

先生の歯科医院の何かに魅力を感じているから、働いているのです。

それは一体何なんでしょうか?

間違いなく、それは他の病院とは違う付加価値なのです。

孫氏の有名な言葉があります。

故に曰わく、彼を知り己れを知れば、百戦して危うからず。
彼を知らずして己れを知れば、一たびは勝ち一たびは負く。
彼を知らず己れを知らざれば、戦う毎に必ず敗る。

本の名言サイト  「孫子の兵法」の名言まとめました


まず、競合相手を知ることも大事ですが、自分自身や、病院のことを客観的にみる必要があります。

競合相手の事も、自分のことも熟知していれば、絶対に負けない病院になるでしょう。

しかし、これが、なかなかに難しいのです。

客観的にみることができるのが、コンサルタントだと私は考えています。

まとめ

今後も生き残れる歯科医院になるために

「安定したオリジナルのシステム」を構築要点3つ をお伝えしました。

この3つは

1.バリュー・チェーン(Value Chain)
2.安定
3.オリジナル

です。

客観的に自分の事を見るのはかなり難しいですが、一緒に色んな角度から観察してみましょう。

これからの時代を生き残るために…

先生の望む歯科医院を実現するために…

結果に繋がる!

ストレスフリーな医院にするテクニック満載
『院内システム改善
テクニックマニュアル』

この記事を書いている人 - WRITER -
壱原 裕子
壱原裕子 歯科衛生士歴18年、歯科コンサルタント、歯科カウンセラー、ライフスタイルコーディネーター。 一生、笑って、美味しく食べられる、健康寿命を延ばす!!をモットーに患者さんと歯科医院のお手伝いをしています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 歯と歯科医院の相談室 , 2019 All Rights Reserved.