口から健康をプロデュースする歯科衛生士・歯科コンサルタント 壱原裕子のブログ

感染症または疾患に曝された米国の労働者の負担の推定:COVID-19感染のリスクを抑える重要な要素  Estimating the burden of United States workers exposed to infection or disease: a key factor in containing risk of COVID-19 infection

壱原 裕子
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
壱原 裕子
壱原裕子 歯科衛生士歴18年、歯科コンサルタント、歯科カウンセラー、ライフスタイルコーディネーター。 一生、笑って、美味しく食べられる、健康寿命を延ばす!!をモットーに患者さんと歯科医院のお手伝いをしています。
詳しいプロフィールはこちら

このページは

Estimating the burden of United States workers exposed to infection or disease: a key factor in containing risk of COVID-19 infection

のPDF全文の和訳を掲載しています。

読みにくい箇所があり、しっかり翻訳できていない箇所もあるかもしれません。

わかりづらい部分は原文をお読みください。

文中で頻繁に出てくる

プレゼンティーイズム」(Presenteeism)とは

従業員が出社しても、不調のせいで頭や体が思うように働かず、本来発揮されるべき能力(職務遂行能力)が低下している状態のことだそうです。

日本語では「疾病就業」と訳されます。

前書き

COVID-19の世界的な普及に伴い、疾患のリスクが高い人を数値化することには、公衆衛生上の大きな関心がある。公衆とのやり取りや他の労働者との近接関係などの職業上の特徴は、労働者を病気のリスクが高い状態にするだけでなく、地域社会への病気の伝染の連鎖にもなる。これは、プレゼンティズム(病気の症状があるにもかかわらず仕事に来る行為を説明するために使用される用語)によってさらに悪化する可能性がある。職場でどの職業グループが感染症や病気に曝されているかを理解することは、COVID-19の公衆衛生リスク対応と管理、およびその後の感染症の発生を知らせるのに役立つ。。

方法

職場で感染症や疾病にさらされた米国の労働者の負担を推定するために、労働統計局(BLS)によって維持されている国の雇用データ(標準職業分類による)は、職業をランク付けしたBLS O * NET調査データと統合された。特定の物理的、人間工学的、および構造的暴露。この分析では、月に1回以上感染または疾患への曝露を報告している職業に焦点が当てられた。

結果

私たちの分析によると、米国の労働者の約10%(1440万人)が、少なくとも週に1回は病気や感染症への曝露が発生する職業に従事している。 米国の全労働者の約18.4%(26.7 M)が、少なくとも月に1回は病気や感染症への曝露が発生する職業に従事しています。 被ばくした労働者の大多数はヘルスケア部門で雇用されているが、他の職業部門も被ばくした労働者の割合が高い。 これらには、保護サービスの職種(例:警察官、刑事警察官、消防士)、オフィスおよび管理サポートの職種(例:宅配便およびメッセンジャー、患者サービス担当者)、教育の職種(就学前および保育士)、コミュニティおよび社会サービスの職種(コミュニティヘルス)が含まれる。 労働者、ソーシャルワーカー、カウンセラー)、さらには建設や採掘の仕事(例:配管工、浄化槽設置業者、エレベーターの修理)。

結論

感染症や病気に頻繁にさらされる多種多様な職業で雇用されている多数の人々は、COVID-19のリスク対応計画を作成するすべての職場の重要性を強調している。この作業は、職場が公衆衛生介入の主要な場所であり、労働者と彼らがサービスを提供するコミュニティの両方を保護することができるという重要な注意喚起としても役立ちます。

COVID-19が世界的に広がるにつれ、人々が仕事に費やす時間と感染症の蔓延を促進する可能性のあるさまざまな仕事のタスクを考えると、病気の伝染における職場の役割を特徴づける公衆衛生の重要性がある。顧客、患者、同僚とのやり取り、食品の準備)。プレゼンティエズムは、病気の症状があるにもかかわらず働くと報告し、一般的に職場で発生し、感染症の伝染に、そして潜在的には伝染病またはパンデミックの蔓延に寄与する可能性がある。。 1つの分析では、2009年のH1N1型パンデミックにおける職場感染の役割を調査し、米国で約800万人の従業員が感染しながら働いていたと推定し、これらの労働者は700万人もの同僚に感染を引き起こした可能性があると推定した。

米国疾病対策センター(CDC)は、企業や雇用主がCOVID-19を計画して対応するための暫定的なガイダンスを発行。これには、従業員の家への積極的な滞在、病気の従業員の分離、すべての人の呼吸器および手指衛生の奨励などが含まれまる。従業員、環境清掃、および出張が必要な​​従業員への具体的なアドバイスの提供。ただし、職場向けの最良のガイダンスは、COVID-19にさらされる可能性のある特定の職業部門に固有のものになるように調整される。医療現場で働く人々は、COVID-19などの感染症への暴露のリスクが高いことが知られているが、他の職業環境よりも優れた感染症保護計画を持っている可能性はある。

2007年に、Rebmann等。 全国の病院での感染管理方針を理解するために病院で働いている633人の感染および予防管理専門家を調査した。ほとんどの病院は感染管理専門家を雇用し、ワクチンまたは抗ウイルス薬の医療従事者優先順位付け計画を立てており、N95人工呼吸器と薬物を備蓄する計画が整っていることを発見した。これらの対策は重要だが、このようなハイリスクの職業の感染を効果的に防止するには不十分な場合がある。感染や病気に散発的にさらされる可能性のある他の職業グループは、同じレベルの計画を立てていない場合や、職場の感染症対策計画が正当化されていると考える場合さえある。したがって、COVID-19などの病気の発生に対する感染症対応計画を開発して実施するようにこれらの職業部門に働きかけるには、どの職業が感染症や病気に曝される可能性があるかを理解することが重要。

いくつかのグループは職業上の傷害または病気の負担を広く特徴付けているが、職業的曝露の負担を特徴付けるグループは少なく、職場での生物学的因子、病気、または感染への曝露を含むこれらの曝露の見積もりの​​負担はあまりない。

Montano(2014)は、ヨーロッパのどの職業集団が生物剤に曝露するリスクがあるかを体系的にレビューし、ヘルスケア、バイオテクノロジー、農業、初等教育、工芸品、オペレーター、および軍隊の労働者を見つけ、さまざまな病原体に曝露した。ばく露した労働者の数とばく露の頻度は報告されていない。ワシントン州での職業によるインフルエンザ様疾患(ILI)の分布を特徴づけ、ILIを捕らえる可能性が高い用務員、掃除人、用務員を見つけた。

潜在的にさらされている労働者の数や彼らが働いている職業など、感染と病気への職業的曝露の負担を理解することにより、適切な感染症対応計画を開発している職場など、感染症トレーニングを他の職場トレーニングに統合するなど、上流の予防策が可能。そしてCOVID-19に潜在的にさらされる労働力をサポートできる職場方針の開発を開始。これにより、職場から、または職場内への感染症の伝染を減らすことができる。

以前は、州レベルの雇用データを使用して、連邦、地域X(WA、OR、ID、AK)で化学的、物理的、人間工学的、心理社会的ハザードにまたがる多数の職業的曝露にさらされた労働者の数を推定していた。

ここでは、以前にDoubleday et al。で詳述したのと同じデータ分析方法を利用して、米国内で月に1回以上職場で疾患または感染にさらされた労働者の数が推定される。この分析は、COVID-19などの感染症の発生時に職業部門がとることができるリスク評価と保護措置を通知するのに役立つと考えている。

方法

この分析には2つのデータソースが使用された。

アメリカ合衆国の雇用データは、労働統計局(BLS)の職業雇用統計データベースから取得された。分析時点での最新の雇用データは2018年5月のものであり、2010標準職業分類コード(2010 SOC)によって編成されてた。 SOCコードは階層的で、2桁(メジャーグループコード)から6桁(詳細な職業コード)まであり、6桁のコードが最も詳細。

職場での病気や感染への曝露を推定するために、O * NETデータベース内のデータを使用した。 O * NETは、求職者や研究者に情報を提供するために、実行されたタスク、必要なスキル、さまざまな職業の職務特性に関する豊富な情報を備えた職務特性化ツール。 6桁のSOCの職種は毎年600近く更新されるため、O * NETデータベース全体が数年ごとに完全に更新される。 2001年から2011年の間に、125,000の職場から160,000人近くの従業員がO * NETアンケートに回答しており、SOCコードがデータから欠落していない。

感染症への職場曝露のリスクを特徴付けるために、私たちは次のO * NET質問を使用した:「この仕事はどれくらいの頻度で病気/感染への曝露を必要としますか?」

回答者は次の複数の選択肢から選択できる。 1年に1回以上、毎月ではない。毎月ではなく、月に1回以上。週に1回以上、毎日ではない。毎日。 O * NET内では、これらのデータは0〜100のスコアに変換され、各SOCコードのメトリックの加重平均頻度または強度を表す。この分析では、50〜100のスコアを持つ職業が維持され、月に1回以上の疾患/感染への曝露を表す。 SOCコードは、全国の雇用データと統合され、月に1回以上の病気/感染への曝露を伴う職業で雇用された労働者の総数を計算した。

すべてのデータ分析は、統計ソフトウェアパッケージRバージョン3.6.3を使用して行われた。

結果

2018年5月の時点で、BLSによってカウントされた雇用者と従業員の取り決めで合計1億4,470万人が米国で雇用された。これらの1億4,470万人の労働者のうち、推定18.4%(26,669,810)が、月に1回以上の病気または感染への曝露が発生する職業で雇用された。 2018年5月の時点で、米国の労働力の10%(14,425,070)が、少なくとも週に1回は病気や感染症への曝露が発生する職業に従事していた。表1は、月に1回以上感染または病気にさらされた詳細な職業(6桁のSOC)を持つ主要な職業部門(2桁のSOC)と、これが表す労働者の数をまとめたもの。 Healthcare PractitionerとTechnical Occupation、およびHealthcare Support Occupationsの両方で、労働者の90%以上が月1回以上、75%以上が週1回以上曝露。曝露の割合が高い他の注目すべき主要な職業グループは、保護サービスの職業(警察官、消防士、交通警備員を含む52%が月に1回以上曝露)、パーソナルケアおよびサービスの職業(52%が月に1回以上曝露、保育労働者、乳母、パーソナルケア補佐官を含む)、および生産職業(60%が月に1回以上被ばく、洗濯およびドライクリーニングの労働者、廃水処理オペレーター、歯科技工士を含む)。 1か月に1回以上疾患または感染に曝されているオフィスおよび行政支援の職業の16%は、患者援護、宅配便およびメッセンジャー、および医療秘書。

討論

感染症の発生中、職場は病気の拡大と職場の慣行と政策を通じて病気の拡大を阻止するのに役立つ重要な役割を果たす可能性がある。職場の対応計画に優先順位を付けることに加えて、リスク管理と労働者へのコミュニケーションを計画するためには、業務活動により感染または病気に曝される可能性のある幅広い職業を理解することが重要。この簡単なレポートでは、感染症または疾患への潜在的な曝露のリスクの増加に直面している職業グループを推定している。ただし、この分析では、そのような曝露によって病気になる労働者の数を推定することはできない。しかし、特に世界的なパンデミックに直面している公衆衛生の主な目標は、病気の蔓延を防ぐこと。したがって、誰が暴露される可能性があるかを理解することは、病気の伝染が起こり、病気が現れる前にリスク低減戦略を制定することができる重要な最初のステップ。したがって、ここで報告された結果は、公衆衛生に重要な影響を与える。

いくつかの制限に注意する必要がある。 O * NETデータは自己申告による主観的なアンケートから生成されたものであり、したがってバイアスや誤分類の対象となる。回答者は、職場でこれらの危険が伝えられ、職業グループ全体で潜在的に異なる誤分類につながる保護機器(たとえば、医療セクター)が提供されていない限り、職場で感染症や病気にさらされていることに気付かない可能性がある。さらに、O * NETデータベースからの情報は職業レベルで適用されるため、ジョブ内の露出変動は考慮されない。

BLSの雇用推定は、自営業、文書化されていない、大陸、および国内の労働者を含む、米国のすべての労働者に関するデータをキャプチャしていない。彼ら、または家族が病気の場合に、休暇を取る能力が限られているため、これらの労働者は仕事への暴露に特有のリスクがあるかもしれない。スウェーデンとノルウェーでは、低所得者と移民労働者の間で、より高い率のプレゼンテイズムが見つかった。

病気で家にいることの経済的負担を改善することができる、有給休暇へのアクセスは、職業、業界、雇用主、場所、および労働者の社会人口統計学的プロファイル(例:人種/民族)によって大きく異なる。有給休暇を取得できない労働者は、プレゼンティズムの率が高く、インフルエンザの予防接種などの予防的医療サービスを受ける可能性が低くなる。職業部門もプレゼンティー主義の割合に影響を及ぼす。これらの国々では、医療、公共サービス、教育部門の労働者のプレゼンティーズムの割合が高いことが調査で示されている。確かに、最近の系統的レビューでは、職業のタイプがプレゼンティズムの最も強力な予測因子の1つであることが確認された。これらのセクターの多くはすでに作業活動のために病気にさらされるリスクがあるので、これらのセクターの病気対応計画には、仕事でのばく露を減らすための管理方法だけでなく、病気の労働者が来ないことを確実にするための緊急時対応計画も含まれることが重要。これは、クロストレーニング、この期間中に追加の有給の病気休暇を提供し、柔軟な労働条件を確保し、不可欠な労働者が病気になった場合に補充する代替労働者を特定することによって達成できる。

結論として、私たちの分析によると、米国の労働力の大部分は、さまざまな職種にわたって、月に1回以上職場で病気や感染にさらされている。これらは、公衆衛生が特にCOVID-19への暴露のリスクがあると見なすべき労働者。ただし、COVID-19への暴露に固有のリスクがある、またはCOVID-19の蔓延を助長する可能性のある他の多くの労働者がいることに注意する必要がある。自分や家族が病気の場合、有給の病気休暇を取得できない労働者、または不可欠なサービスを提供し、代わりの労働者を利用できない労働者は、病気の時間を取ることができないと感じる。ここで紹介する作業は、従業員を安全に保ち、職場での病気の伝染を止め、病気の労働者が仕事に来る必要がないようにするために、セクター固有の対応計画を策定するすべての職場の重要性を強調している。また、職場は公衆衛生介入の重要な場所であり、労働者と地域社会の両方に影響を与える可能性があることを思い出させてくれる。

謝辞

著者は、この分析をサポートするRコードを開発してくれたAnnie Doubledayに感謝します。

まとめ

原文を読むことをオススメしています

Estimating the burden of United States workers exposed to infection or disease: a key factor in containing risk of COVID-19 infection

これからの時代を生き残るために…

先生の望む歯科医院を実現するために…

結果に繋がる!

ストレスフリーな医院にするテクニック満載
『院内システム改善
テクニックマニュアル』

この記事を書いている人 - WRITER -
壱原 裕子
壱原裕子 歯科衛生士歴18年、歯科コンサルタント、歯科カウンセラー、ライフスタイルコーディネーター。 一生、笑って、美味しく食べられる、健康寿命を延ばす!!をモットーに患者さんと歯科医院のお手伝いをしています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 歯と歯科医院の相談室 , 2020 All Rights Reserved.