口から健康をプロデュースする歯科衛生士・歯科コンサルタント 壱原裕子のブログ

スタッフのモチベーションを上がらないと悩む前にまず考えて欲しい事2つ

壱原 裕子
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
壱原 裕子
壱原裕子 歯科衛生士歴18年、歯科コンサルタント、歯科カウンセラー、ライフスタイルコーディネーター。 一生、笑って、美味しく食べられる、健康寿命を延ばす!!をモットーに患者さんと歯科医院のお手伝いをしています。
詳しいプロフィールはこちら

歯科医師の先生からよく言われるお悩み。

「スタッフのモチベーションが上がらない」

これはみなさん言います(笑)

状況によってアドバイスは違うのですが、今回はみなさんにまず最初に確認してもらう事を2つお伝えします。

1つ目 心身の状態

そもそも心と身体の状態が整っていないと、仕事に意欲的に取り組む事は難しいものです。

それは先生自身も感じる事と、思います。

体調が悪ければ、日々の仕事をこなすだけでも大変ですし、何か心配事があれば、そちらに気を取られて、仕事に集中できません。

下研究は職場環境と働く人の心身の健康が作業効率にどのように作用するか調べたものです。

他にもたくさんあるので、ぜひ、調べてみてください。

相関関係があまりないという研究はとても少ないです。

市町村保健師が健康で意欲的に仕事ができる職場環境に関する研究

齋藤 尚子山本 武志北池 正

目的 個人の健康と組織の生産性・業績が両立する健康職場の概念を参考に,健康を精神的健康,生産性・業績を仕事意欲とし,職場環境との関連を検討することにより,保健師が健康で意欲的に仕事ができる職場環境を明らかにする。

結果 職場環境の得点(得点が高いほど良好)は,一般的な職場環境では【社会とのつながり】,【人間関係】が高く,【キャリア形成・人材育成】は低かった。仕事意欲には【社会とのつながり】(OR=6.73),【保健師の判断・意見の反映】(OR=1.59)が関連していた。

結論 精神的健康と仕事意欲の双方に,自分の仕事は社会的に意義があると感じられる職場環境が関連していた。このため,仕事の意義を感じられるよう目標を明確にし,活動成果を発信できる環境整備が必要である。

J-STAGE 日本公衆衛生雑誌 PDFフリー

2つ目 人間関係 労働環境

ご紹介した研究でも同じ事を言っていますが、大前提として人間関係や、労働環境が整ってこそ、人は本来の力を発揮する事ができます。

労働者の約6割近くが職業性ストレスに悩まされているというのが現状です。なお、主なストレスの内容は以下の通りです。労働者の高ストレス状態が長く続くと、心身の健康が阻害されるリスクが高まるだけでなく、個人の仕事へのモチベーションや生産性も低下します

図1 仕事や職業生活に関する強いストレスの主な内容(厚労省(2018)を一部改変)

アドバンテッジJORNAL 【職業性ストレスを知る】企業が働く人々の心身の健康を守るためにできること

仕事の質や量は労働環境からくる問題ですし、狭い歯科医院の人間関係が終わっていたら、きっとモチベーションなんて上がるハズがないのです。

今では本当に見なくなりましたが、院長先生が敷く恐怖政治がある病院などは天形的な例だと思います。

まとめ

モチベーションが上がらない…と悩む前に見直してほしい事をお伝えしました。

  • 心身共に健康である
  • 人間関係、労働環境

この2つを見直してみてください。

こちらの記事も参考に

スタッフのモチベーションを上げる方法は一つだけじゃなかった⁈考えてほしい事3つ

医院に長く在籍していると、なかなか客観的に見えなくなってしまう部分があります。

そのような時にご相談して頂ければ、幸いです。

オススメは訪問診断コースになります。

お気軽にお問い合わせください。

参考文献

Selfefficacytoward unifying theory of behavioral change.

A Bandura – Psychological review, 1977 – psycnet.apa.org

アルバート・バンデュラー 「自己効力感~行動を変える包括的理論」

Selfefficacy and workrelated performance: A meta-analysis.

AD StajkovicF Luthans – Psychological bulletin, 1998 – psycnet.apa.org

スタイコビッチ、アレクサンダー・D、ルーサンス、フレッド

自己効力感と仕事関連のパフォーマンス:メタ分析。

The validity of occupational aptitude tests

EE Ghiselli – 1966 – Wiley

EE Ghiselli-1966-ワイリー 妥当性の職業適性検査

これからの時代を生き残るために…

先生の望む歯科医院を実現するために…

結果に繋がる!

ストレスフリーな医院にするテクニック満載
『院内システム改善
テクニックマニュアル』

この記事を書いている人 - WRITER -
壱原 裕子
壱原裕子 歯科衛生士歴18年、歯科コンサルタント、歯科カウンセラー、ライフスタイルコーディネーター。 一生、笑って、美味しく食べられる、健康寿命を延ばす!!をモットーに患者さんと歯科医院のお手伝いをしています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 歯と歯科医院の相談室 , 2020 All Rights Reserved.