口から健康をプロデュースする歯科衛生士・歯科コンサルタント 壱原裕子のブログ

医院の方向性をブレさせないビジョンボードの作り方

壱原 裕子
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
壱原 裕子
壱原裕子 歯科衛生士歴18年、歯科コンサルタント、歯科カウンセラー、ライフスタイルコーディネーター。 一生、笑って、美味しく食べられる、健康寿命を延ばす!!をモットーに患者さんと歯科医院のお手伝いをしています。
詳しいプロフィールはこちら

「なりたい歯科医院」への気持ちを忘れない為に、使用している、ビジョンボードの作り方を解説していきます。

27年間で60万人が実践した ビジョンボードの効果と作り方

の続きです。

手順

  • ①下地を貼る
  • ②医院みんなの笑顔の写真を真ん中に貼る
  • ③病院ののキャッチコピーを書く
  • ④それぞれ前回考えたような事に関する写真を貼る
  • ⑤できればコメントを添える
  • ⑥いつも目につく所に飾る

になります。詳しく写真と図で解説していきます。

①下地を貼る

前回お話しした病院のなりたい像を思い浮かべながら、下地になる写真を貼ります

この病院のコンセプトは「湖のような憩いの場であり、絶対に必要な場所」なので、湖の写真を下地に選びました。

この病院の「湖」というのが意味がとても深いんですよ。

スタッフの中から出たんですけど、みんな納得でした。

②医院みんなの笑顔の写真を貼る

ここからは実際の写真をお見せできないので…

(みなさんの写真や、患者さんの写真が貼ってあったので)

やはり人に見せるのは恥ずかしいですよね(笑)

私がこの病院のビジョンボードを少し変えたもので説明していきます。

④医院のキャッチコピーを書く

ここの病院のコンセプトは

「湖のような憩いの歯科医院」

というのがキャッチコピーです。

④前回考えた内容の写真を貼る

器具の写真でも良いし、歯ブラシの写真でも本の写真でも何でも良いので自分達の病院のコンセプト、目指す場所に関する写真をドンドン貼っていきます。

この病院は子供から大人まで健康で美味しく食べる

という目標もあったのでこんな感じになりました。

(実際の写真は違いますが、こんな雰囲気でした)

病院のカラーがカラフルで、上手くまとめてくれるスタッフがいたので、実際はもっと素敵なビジョンボードになってます。

他の病院では、もっとシンプルでカッコいい感じのビジョンボードもありました。

それはそれでとても、素敵でした。

⑤できればコメントを添える

こんな感じで写真の意味を添えていきます。

スタッフから経営する為に必要なお金の話が出ると本当に良いです。

そこまでの話し合いでの、コミュニケーションの賜物です。

⑥いつも目につく所に飾る

待合室に飾ってる医院もあります。

が、いつも見るのでスタッフルームに飾る医院が多いです。

院長先生はご自宅にも、持って帰っています。

それだけ、院長が熱心ならスタッフもやりがいあります。

まとめ

作る作業は簡単です。

  • ①下地を貼る
  • ②医院みんなの笑顔の写真を真ん中に貼る
  • ③病院ののキャッチコピーを書く
  • ④それぞれ前回考えたような事に関する写真を貼る
  • ⑤できればコメントを添える
  • ⑥いつも目につく所に飾る

最近は画像を切ったり、貼ったりするアプリがたくさんあるので、本当に簡単に作れます。

ぜひ、ご自身の医院のビジョンボードを作ってみてください。

次回はもう少し踏み込んだ使い方をご紹介します。

この記事を書いている人 - WRITER -
壱原 裕子
壱原裕子 歯科衛生士歴18年、歯科コンサルタント、歯科カウンセラー、ライフスタイルコーディネーター。 一生、笑って、美味しく食べられる、健康寿命を延ばす!!をモットーに患者さんと歯科医院のお手伝いをしています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 歯と歯科医院の相談室 , 2020 All Rights Reserved.