口から健康をプロデュースする歯科衛生士・歯科コンサルタント 壱原裕子のブログ

ごちとん 再現⁈して作ってみた 良く噛むことで、若返り効果も期待 便秘解消にも役立つレシピ

壱原 裕子
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
壱原 裕子
壱原裕子 歯科衛生士歴18年、歯科コンサルタント、歯科カウンセラー、ライフスタイルコーディネーター。 一生、笑って、美味しく食べられる、健康寿命を延ばす!!をモットーに患者さんと歯科医院のお手伝いをしています。
詳しいプロフィールはこちら

今回は以前伺った代々木の「ごちそう豚汁」に寄せて作ったレシピをご紹介。

ごちそう豚汁とは?

『野菜を食べるカレーcamp』が提供する「豚汁専門店」

豚汁メニューは6種類!味噌がしっかり染みた野菜をがっつり食べられる

とん汁に使用する野菜は、毎朝国産の新鮮なものを仕入れている。野菜は常に日本各地で旬の季節を迎えている。ゆえに、一定の農家と契約するのではなく、産地ごとに旬の野菜を見極めて仕入れており、いつも旬な野菜を食べることができるというスタイルをとっている。

dressing 「スペアリブとん汁」がウマすぎると話題! 具材たっぷり豚汁専門店『ごちそうとん汁』が代々木に誕生

本家のお味は少ししっかりめ。

代々木の「ごちそう豚汁」で撮影

今回は「あっさり」も「しっかり」も両方作れるレシピをご紹介。

野菜がたくさん入っているので、食物繊維が豊富です。

動画では紹介してませんが、隠し味に「バター」と最後に豆乳を少し入れるとよりごちとんの味に近づきます。

よく噛んで食べてください。

良く噛むことの効果

噛むことで、口の周りの筋肉が鍛えられ、リフトアップ、二重顎解消。

食べ物をよく噛んで味わうことを咀嚼(そしゃく)といいますが、この作業は私たちが生きていくうえでとても大切です。健康な歯で食べ物をしっかり噛むことは、全身の健康維持に大きな効果があります。「よく噛んで食べる」健康効果を見直してみましょう。

すぐに役立つ暮らしの健康情報-こんにちわ 2006年12月号:メディカル・ライフ教育出版 

唾液の効果

よく噛んで唾液が出ることで、若返り効果のある「パロチン」が出ます。

パロチンについて簡単に説明されてるサイトは↓

手軽な方法で増やせる!若返りのホルモン「パロチン」とは

その他にも唾液にはたくさんの効果があります。

唾液にはEGF(上皮成長因子)とNGF(神経成長因子)という2つのホルモンがあります。EGFは表皮細胞の修復や代謝を促進したりする役割があり、皮膚の若返りには欠かせません。NGFは脳を活性化することによって脳の老化を防止したり、若返らせたりする効果が期待できます。私たちが自ら作り出している、いわばタダの唾液でアンチエイジングできるのはとても嬉しい話です。

東京バーゲンマニア 唾液が若返りのカギを握る! 唾液を増やすためにできること7つ

まとめ

数年前に唾液について色々調べたのですが、唾液にはたくさんの効果があります。

便秘の解消にも役立ちます!

少しの工夫で、いつもの豚汁が「ごちそう」に。

ぜひ、お試しください。

これからの時代を生き残るために…

先生の望む歯科医院を実現するために…

結果に繋がる!

ストレスフリーな医院にするテクニック満載
『院内システム改善
テクニックマニュアル』

この記事を書いている人 - WRITER -
壱原 裕子
壱原裕子 歯科衛生士歴18年、歯科コンサルタント、歯科カウンセラー、ライフスタイルコーディネーター。 一生、笑って、美味しく食べられる、健康寿命を延ばす!!をモットーに患者さんと歯科医院のお手伝いをしています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 歯と歯科医院の相談室 , 2020 All Rights Reserved.